デバック会開催が発表された「オルタランド」とは!

近年、VRが盛り上がっていますが、VRの仮想空間内で遊園地が誕生するそうです!その名も「オルタランド」です。

「オルタランド」は株式会社ハシラスのプロジェクト。株式会社ハシラスはVRコンテンツの開発などを手掛けている会社です。そんなはハシラスは2018年9月に開催される東京ゲームショウでデバック会開催が発表されました。

 

「オルタランド」とはなにか

 

オルタランドはVR空間の中の遊園地です。大きなVR空間で個々のVRコンテンツを楽しむことのできることが明らかになっています。

プレイヤーはバックパックPCとVive Proを装着し、12m×8mほどのエリアに入って自由に遊ぶことができます。VRゴーグルをかぶったまま複数のVRコンテンツから遊びたいコンテンツを選択して遊ぶことができます。

 

この企画の狙い

この企画の狙いは、ロケーションベースVRの色々な問題を解決すること。体験者をVR空間を体験している状態で、VRヘッドセットの付け外なしでコンテンツの切り替えをすること、アテンドのコストを減らせること、狭いスペースで多くの人数がが遊べること、施工コストが安いことなど、多くのメリットがあります。

 

どんどんVRの可能性が広がってきました。仮想空間の中の遊園地は今ではかなり珍しい物ですが、将来はこのような形態の遊園地は増えそうですね!遊園地を実際に作るにはかなりの費用と大きな土地が必要なため、VRの仮想空間を利用したアミューズメントは将来大活躍しそうです!