コミュニケーション能力はいらない!?

 

社会で求められている「コミュニケーション能力」。

そもそも、コミュニケーション能力とはどのような能力なのでしょうか。

また、その能力はどのように身につくのでしょうか。

 

友達とは普通に話せる!

コミュニケーション能力に自身がないと思っている人も、

気のおける友人とは難なく意思疎通ができるはずです。

 

 

つまり、

社会に求められているコミュニケーション能力とは、

見知らぬ人と物怖じせずに意思疎通できる能力のことでしょう。

 

人と接する機会を増やそう!

初対面の人と接する機会を増やせば、

見知らぬ人と意思疎通することに慣れてきます。

 

コンビニでおつりを受け取ったとき、

店員さんに、「ありがとうございます」

と言うことを習慣付けるだけでもいいかもしれません。

 

人に対して、瞬時に明るい声を出す練習になりなす。

 

 

道に迷ったときに、

声をかけることもいいでしょう。

 

 

また、

 

さらに、旅行した時、

見知らぬ人に写真撮影を頼むということも良い訓練になるでしょう。

 

もし、断られても落ち込まず、次の人に頼む勇気が大切です!

 

 

次のステップとしては、

写真を撮ってほしい人を見つけて、

「もし、よろしければ写真をお撮りしましょうか?」

と周りの人に自分から話しかけに行く。

 

そうすることで、段々と人と話すことに抵抗がなくなっていき、

初めて会った人とでも物怖じせずに、

話すことができるようになるかもしれません。

 

 

そして、相手のコミュニケーション能力を予想、配慮した上で

話しかける能力も必要といえるでしょう。

 

 

 

コミュニケーション能力がありすぎてもダメ!?

見知らぬ人に物怖じせずに話しかけると言っても、

過剰に馴れ馴れしいのは相手に引かれるかもしれません。

 

節度をわきまえることが必要でしょう!

 

まとめ

見知らぬ人と物怖じせずに意思疎通できる能力が必要。

人と接する機会を増やして、

他人と話すことの抵抗感を薄めよう!