怒りをコントロールする方法とは?原因と対策!

イライラしたり、むかついたりすると作業が手につかなくなる時があります。

心に余裕がなくなると、ちょっとしたことでも声を荒げてしまったり、言い方がきつくなる時があります。

それを少しでも抑制させるコツをご紹介します。

 

怒りをコントロールするには?

そもそも「ムカつく」というものは、他人が間違っていて、自分が正しいのだという思い込みの表れだといいます。

自分は必ずしも正しいわけではないというように客観的になれば、
自分中心の怒りから遠ざけることができますが、それも難しいという状況はもちろんあります。

 

適度にマイナス思考で考えることで、冷静になることができます。

 

怒ることでは変えられないが重要なこと

例えば、
車の渋滞や電車の遅延などがあった場合これにあたります。急いで取引先に行かなければいけないが、渋滞や電車遅延で身動きがとれないときは、怒ったところで状況は変えることはできません。

イライラするよりも、そのときにできることをしましよう!

 

自分の目標を再確認すること

怒りにより冷静になれない場合、客観的になる以外にも方法があります。

自制心が保てなくなり、怒りが抑えられなくなると、目標達成の妨げになります。

本来の目的は何か。目標達成のためには何をしないといけないのかを確認して、気持ちを切り替えましょう。

 

自分が怒っているのだと、相手に伝える技術を身に着ける

怒りを我慢しすぎるのはストレスですし、冷静を保つのは難しいです。

怒りのまま相手にぶつけるのはダメですが、
小出しにして、相手にきちんと伝えることで、コミュニケーションにもなります。

お互いに改善しあうことで、怒る機会を減らすことにもつながります。

 

怒りを避けるコツ

そもそも、相手に対し「こうあってほしい」「こうあるべき」という欲求があって、
それが裏切られたときに怒りとして感情が沸き上がってきます。

また、一方的に相手を非難しないことです。

相手に対する欲求や理想のレベルをもう少し下げ、
自分に対しても冷静に対処し、「相手にも言いたいことはあるはず」という風に一歩下がって聞くようにしましょう。

 

そうすれば、互いにぶつかり合うことなく、冷静に意見を言い合うことが出来るはずです。

どうしても我慢ならない相手の場合は、相手にしないことが一番です。

 

怒りの原因と対策

良質な睡眠をとりましょう

疲れているとき、脳の偏桃体の働きが活発になってイライラが強まるそうです。

逆に、偏桃体が活発になれば、怒りを抑制する働きを持つ前頭葉の活動が停止するとのこと。

怒りは、脳の扁桃体と深く関わっていますが、睡眠不足になると扁桃体が過剰に反応し、さらに感情を理性的にコントロールする脳の前頭葉の動きが悪くなってしまいます。

つまり、睡眠不足の状態だと、怒りの感情に支配しやすくなってしまうのです。自分に合った睡眠時間をとり、熟睡できる環境に身を置くことで、怒りにくい状態をつくれます。

 

疲れがたまっているのも怒りっぽくなる理由の一つなので、しっかり休むことが重要です。

 

リラックスする

ストレッチ、ヨガ、太極拳、シャワーを浴びる等です。
からだがリラックスする状態をつくるとにより、ストレスやプレッシャーといったものから解放されやすくなります。
そうすれば、マイナスの感情を溜め込まずに、怒りの感情が起こりにくくなります。