どんな場所でも共通で地震が起きたら守るべき対処法

今後の地震に備えて、発生した時の対処法をご紹介します。

各場所で地震が起きた時の対処法

まずは、どんな場所でも共通で地震が起きたら守るべき最低4つの対策。

  • 頭を守る
  • 高さのある物(壁や棚など)から離れる
  • ガラスから離れる
  • 揺れが収まってから行動する

地震で恐ろしいのは揺れはもちろんのこと、それによって起きる建物などの倒壊です。

震災による死因のほとんどが家屋の倒壊による圧死のようで、
しかもそれは、地震が起こった直後に起こっています。

 

ドアを開けなければ、急いで出口に向かわなければと思いますが、揺れてる間に動くのは危険です。

地震が起きたらまずは頭上からの落下物や、倒れてくる壁などから身を守ることを優先します。

揺れている時は時間が長く感じらせますが、動くのは大きな揺れが収まってからでも遅くはありません。

 

自宅で起きた時

自宅で地震が来たら、まずは安全な場所で揺れが収まるのを待ち、大きな揺れが収まってから行動を開始します。

自宅で地震が起きた時は、テーブルや机の下に隠れるか、手短なクッションや雑誌で頭を保護します。
揺れが収まるのを待ちます。このときに本棚や、高さと重量がある家具などからは距離を取ります。

トイレや浴室は閉じ込められたり、鏡など落下物で怪我をしやすいので、地震が発生したらすぐにドアを開け安全な場所へ移動します。

火を使っている時はすぐに消せそうであれば消して、すぐに安全な場所に移動します。

一般家庭のガスメーターは、震度5程度以上の地震を感知すると、自動的にガスを遮断するようになっています。
すぐに火を消せない場合は、無理に火を消そうとせず、一度揺れが収まるのを待ちましょう。

台所は刃物やビン、重量のある調理器具などがたくさんあり、揺れている最中にうかつに近づくのは危険です。

 

棚や窓から離れて頭を守る!

台所は危険がいっぱい!

 

コンビニエンスストア

コンビニは、実は意外と安全な場所です。

1番危険なのは、コンビニの出入り口付近や道路ぞにある、大きなガラスです。

地震が起きた時に、出入り口や雑誌コーナー近くにいた時は、すみやかにガラスから離れ、大きな揺れが収まるのを待って、出口から脱出しましょう。

 

すぐには出口へ移動できない場合は、レジカウンターのテーブル下が安全です

 

デパート・ショッピングセンター

危険なのは、重量のある物、高さのある物、割れる物が並ぶコーナー。

次のような場所にいた場合はすぐに離れ、揺れが収まるのを待ってください。

  • 家具、家電などの大型商品のコーナー
  • 食器やビンなど割れ物があるコーナー
  • 高い棚が立ち並ぶ書籍のコーナー

 

揺れが収まったら避難しますが、

この時にエスカレーターやエレベーターは絶対に使わずに、階段で移動します。

 

高層ビル

高層ビルは、11回以上になるとかなり揺れますが、ビル自体が揺れることで衝撃を吸収するようにできており、倒壊の危険性は少ないです。

ただし上に行くほど左右の揺れ幅が大きくなるため、高階層は実際の震度以上に激しく揺れます。

 

高層ビルでも基本通りに頭を保護し、倒れるもののない場所で揺れが収まるのを待ってから避難します。

ガラス窓の付近は危険なので距離を取ります。

もちろん階段で移動を行います。

 

エレベーターに乗っているとき

閉じ込められる危険性があるので、扉が開いてるなら即降ります。
最近のエレベーターは地震時管制装置が付いているので、地震発生と同時に自動的に近い階に停止するものが多いです。

地震時管制装置がないエレベーターの中で地震にあった場合は、すべての階のボタンを押し、停止したらすぐ降ります!

エレベーターに閉じ込められてしまったら… 非常ボタンや緊急用インタホンで係員に連絡をし、その指示に従うようにします。

 

映画館・劇場

地震が発生したら、その場でしゃがみ頭を守ります。

暗い劇場内で焦って動くのは事故に繋がりますので、
落ち着いて避難したほうが、結果的には安全に避難ができます。

 

遊園地・レジャー施設

遊園地やレジャー施設で地震が起きた場合は、危険なのは看板や園内デコレーションなどの落下物です。

頭を守りながら施設内に避難します。

 

アトラクションに乗っている時はどうしようもないので、
振り落とされたり、落ちたりしないように、しっかりつかまって係員からの誘導を待つようにします。

 

逃げ場がなく恐ろしいですが耐震設計はしっかりされています。

東京ドームシティの観覧車は関東大震災の1.3倍、ジェットコースターは1.5倍の規模の地震に耐えられる耐震設計になっています。

過去の事例で、観覧車やジェットコースターが地震で倒壊して死者が出たという例はありません。

 

 

地下街

地下街は停電で真っ暗になる可能性があり、閉じ込められたという閉塞感から混乱になりやすい場所ですが、耐震設計は施されており、地下街には60mごとに非常口が設置されています。

地下街で地震が起きたら、慌てずに壁伝いに移動して、最寄りの非常口から脱出します。

非常口はたくさんありますが、ひとつの出口に人が殺到することもあるので、別の場所に移動するのも手です。

 

駅・電車内

強い地震が起きると、運転中の電車は緊急停止します。

座っている場合は荷物をしっかり持ち、立っている場合にはつり革や手すりにしっかりとつかまって、乗務員からの案内を待ってください。

カバンなどで頭上を守りながら、しゃがんで揺れが収まるのを待ちます。

 

電車に乗っている時に地震が起きた場合、状況がわかるまで、しばらく車内で待つことになります。

地下鉄の場合は、地上の交通機関と比べてかなり安全です。強度な耐震設計が施工されており、停電時にも車両内は非常灯が点灯するようになっています。

 

車の運転中

運転中は、多少の揺れには気付かないことも多いのですが、震度5以上になると、さすがに異変に気付きます。

震度6や7の大きな地震になると、ハンドルが思うように切れなくなり、運転を続行するのは非常に危険になります。

急ブレーキをかけずにゆっくりブレーキを掛けてスピードを落として、道路の左側に駐車します。

 

車に乗っていて揺れを感じるのは相当大きな地震だと言うことになります。

 

 

まとめ

地震が起きた時の対処方は、

1.地震が起きたら、まずは頭を守り揺れが収まるのを待って、避難

2.高さのある物、重い物、割れる物からはすぐに離れる。震災被害はほとんどが家屋・建物の倒壊によるもの。

3.揺れが収まったら、国や公共機関などの信頼できる情報元から、正しい状況を把握する

いざというときに備えて、しっかりと日頃から備えておきましょう。