VR医療の発展!医師教育や患者治療の場で活躍する次世代メソッド

医療現場のVRとは?

VRとはそもそも、「限りなくリアルな景色や風景を用いてそれが現実だと脳を錯覚させる技術」のことです。
ごく一般的なビジネスパーソンの中には、漠然と「何かゴーグルをつける、ゲームのやつでしょう?」という認識に留まる方も、少なからずいると思います。
エンタメ要素の強いゲームやアニメなどの印象が強いかと思いますが、医療業界でもVRが組み込まれたさまざまな取り組みが始まっています。

CTスキャンなどで体内の様子を見る、内視鏡で遠隔からの操作で切除や治療を行うことが既に一般化している医療業界が、いち早くVR技術を取り入れているのは必然の流れとも言えますね。それでは実際に、医療の現場において用いられているVRの技術について、医師と患者の両方の目線からそれぞれご紹介します。

医師が活用するVR

限りなく現実に近い知覚を持って体験するVRの世界は、医療という業界に非常に相性が良いと言えるでしょう。失敗の許されないタイミングや、経験だけがものを言う局面において、前もっての準備や助けとなり得ます。ここでは実際の手術におけるVRと、教育の面でのVRについてご説明します。

【実践編】手術のシミュレート・ナビゲート

画像は内視鏡手術を行う医療支援用ロボット「da Vinci」です。
ロボットアームを用いて、切開するよりも負担の少ないCCDカメラでの手術を行えます。ですがこの手術をスムーズに完遂させるためには、特殊なコントローラーを扱うスキルや経験が必要になります。

そこでVRを用いて手術のシミュレートをすることでこの特殊な機器の運用経験を積むことができます。またシミュレートだけではなく、手術中にナビゲートしてもらうこともできます。VRを使って手術中に肉眼で確認できない部分の腫瘍や血管を見ることができ、どうすれば患者に負担なく進行できるかをバーチャル上で確認できるのです。

【勉強編】医療従事者に対する教育

この他にも、人体がどういう構造になっており、どこに何があるのかなどを学ぶことのできるVR人体解剖というコンテンツなどもあり、環境・設備が整っていないと体験できないようなこともVRで学ぶことができるようになっています。さらにVRでの手術経験をすることもできるので、医療教育においてもVRは非常に効果のある技術であることがわかります。

実際の手術をVRで再現できる

従来の医療教育では、手術のトレーニングを行う際はおもに検体用の遺体を用いて行っていましたが、こうした方法は多額のコストを伴う上、準備なども含めて多大な手間と時間を要していました。

近年では、コンピューターを活用して手術の様子を疑似的に再現する技術なども登場していますが、専用の機器を導入する必要があり、おもにコスト面が参入障壁となり普及が進んでいませんでした。

VRで手術現場のシミュレーションを再現

しかし、VR技術を活用することで、低コストで手術現場のリアルな状況を再現することが可能になりました。

医療用のシミュレーターを開発する英国企業のFundamentalVRは、VRを活用した手術現場のシミュレーションプラットフォーム「Fundamental Surgery」を開発、おもに医療教育機関を対象に提供しています。

「Fundamental Surgery」を活用することで、これまで多額のコストを要していた手術のトレーニングを低コストで行うことが可能になり、かつ使用する設備も最小限に収まるため、導入が容易になります。

実際の手術の状況をリアルに再現

「Fundamental Surgery」で必要となるのはOculus RiftなどのVRヘッドセットと、手術用の器具操作をシミュレーションするためのハプティック(触覚)デバイス、そして専用アプリのみです。
VRを用いたシミュレーションでは、映像と音声、そしてハプティクスを用いることで、実際の患者を対象に手術を行っているかのような体験が可能です。
実際の手術で発生する予期しない事態なども再現することが可能で、たとえば想定外の部位からの出血や、患者の容態の急変なども再現できるとのこと。
また、VR内で行った手術のシミュレーションを評価することも可能で、たとえば手術のテクニックの正確さや、患者にどのような影響をもたらしたかをフィードバックすることができます。
ですので、おもに医学生の教育において活用できるソリューションであり、手術のシミュレーションを手軽に、何度でも体験することができます。

患者さんの治療に用いるVR

次にご紹介するのは、患者さん自身の治療のためのVR体験です。こちらでご紹介するのは、主に精神的な不調を治療する時に使われるもので、VRの持つ「錯覚させる」側面が非常に重要になってきます。

トラウマやPTSDの克服

人間の心にはトラウマがあったり、辛い経験によってPTSDになったりする人もいます。そういった状態から脱却するためにあえてその記憶・経験を再体験させる疑似体験療法という治療法があります。

こちらの画像は高所恐怖症を克服するためにVRを用いている様子です。VRを使って本当に高層ビルの上に立っていると錯覚させて疑似体験をすることで、高所への恐怖を和らげることを目的にしています。

他にも戦場下の緊張状態からPTSDになってしまった兵士に対してVRによる精神のケアを行ったり、高所恐怖症への対策と同じく、ストレスの原因を臨時体験させることで心の不調を取り除くことを目的にしています。

今までは、「恐怖の体験を臨時体験させる」ということは、ほぼ不可能でした。ですがVRを用いて容易にリアルな臨時体験をすることができるようになり、それが成果を上げているのです。

幻肢痛に対するケア

次にこちらでご紹介するのは、事故や手術で亡くしたはずの部位が痛む「幻肢痛」に悩まされる人のためのVRです。

(画像参考元:バーチャルリアリティを用いた幻肢痛の新しい治療)

幻肢痛のメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、脳からの指令に対して事実とのギャップが生まれることによる痛みであると言われています。この治療法として生まれたVRは、患者の「健全な方の手足(健肢)」を撮影・左右反転して投影することで、失ったはずの手足を動かすという疑似体験を味わうというものです。こうすることで脳内のギャップがなくなり、痛みが和らぐという研究結果が報告されています。

VRで注射の痛み緩和

サンタバーバラとロンポックのSansum Clinicの研究者によって、VRが予防接種の注射に対する痛みと不安を緩和してくれるという研究結果が発表されました。
研究は2016年の9月から3ヶ月間行われました。被験者244人の子供にVRのヘッドセットを被せ、海の画像を見せたところ、48%の子供が被る前に比べ痛みが少なくなったという結果が出ました。


VR体験が注射の痛みや不安の緩和につながる理由として、VRの没入感が注意を逸らすからと考えられています。この研究によって、今後は注射への恐怖から予防接種を受けない子供が減ることが期待できるでしょう。

まとめ

こうしてみると、VRが既に医療の様々な分野で活用されていることがよくわかります。
元来の手術のトレーニングは、コストや手間を要するため実施できる機会が限られますが、VRであればハードウェアとアプリのみの導入で、何度でもトレーニングを行うことができます。
実際の手術の現場において起こりえる様々な状況をシミュレーションできるので、より実際の状況に対する対応力を磨くことができます。
今後、トレーニングや教育においてVRの活用が進むにつれて、従来の教育がより効果的になり、かつコスト削減などの効率化も進んでいくでしょう。
また、今までになかった治療法として、VRが活用される機会が今後もどんどん増えていくでしょう。

これらがさらに発展すると、「名医が地球の裏側にいる患者さんを手術する」なんて未来もそう遠くはないかもしれませんね。今後も人の命を左右する医療業界のVR、発展に期待したいと思います。