母「もうワタシ限界!」私「えっ?」⇒ 私のせいで母が家事放棄。コタツで寝たまま、トイレ以外起きなくなってしまい…

もう何十年も前の話だけど、最近ようやく母とこの話ができたのでカキコ。

子どもの頃、父は仕事で何日も家で眠れなかったり、

帰って来てもすぐ呼び出されて出ていくような忙しさ、

自分は年の離れた末っ子長女で、兄が母親にべったりだったせいか、

1人で遊んで自分勝手で、家を勝手に出て行き、派手な迷子(家を脱走し、

5キロ・10キロ先の交番とかで保護されてる)に何度もなる子どもだった。

小学校にあがるかあがらないかぐらいの時、何かでスカートを履くのが嫌になった。

女の子らしい格好もせず、兄のおさがりばっかり着るようになった。

母は念願の女の子なので、かわいらしいオシャレがさせたかったのに、

生まれたのはガサツで逃亡癖がある、男らしい格好ばかりする問題児。

母も限界にきたんだと思う。

ある日、私が小学校の入学準備で買った、制服のスカートを嫌がって、

▼ 次のページへ ▼